上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 24日午前11時40分ごろ、兵庫県宝塚市駒の町の阪神競馬場でレース中に落馬事故があり、負傷した騎手を搬送するためコースに救急車を近づけようと囲いを外したところ、騎手のいなくなった馬1頭が場外に逃げ出した。馬は競馬場のそばの県道を逃げ、北へ約700メートル付近で捕獲された。

 同競馬場によると、14頭が出走した障害競走で2頭の騎手が落馬。このうち、ノボリハウツー(オス6歳)から落馬した騎手が右腕を骨折した。救急車を近づけるため競馬場のさくを外したところ、ノボリハウツーが場外に逃げたという。

 宝塚市小林5丁目の不動産店を営む麻野(あさの)精一さん(65)によると、店の前の県道を茶色い影が通り過ぎたので外に出ると、馬が車道や歩道を蛇行しながら走り、通りかかった車が急ブレーキを踏んで馬を避けたという。その後、競馬場の職員とみられる数人が、県道沿いの駐車場に追い込み、馬を捕らえたという。「人も車も多いところなので、誰もけがをせずよかった」と話した。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/91-da224b09
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。