上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 05年12月の徳島県鳴門市議選で、1票差の次点で落選した元市議の明野尚文さんが、最下位当選した坂東成光市議の得票とされた「バンド ヒゲ」と書かれた票などは無効だとして、県選管を相手に坂東市議の当選無効を求めた訴訟で、最高裁第二小法廷(古田佑紀裁判長)は23日、明野さんの上告を棄却する決定をした。「ヒゲ」票は有効と確定した。

 一審・高松高裁判決は「坂東候補が『ヒゲ』を日常生活でトレードマークとして活用し、市民の間で通称となっていた」と指摘。明野さんの審査申し立てを棄却した県選管の裁決を支持した。市議選の得票数は坂東さんが854票、明野さんが853票だった。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/76-6a052ec2
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。