上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 松下電器産業が製造した小型ガス湯沸かし器で、昭和61年以降の20年間に一酸化炭素(CO)中毒による死亡事故が27件起き、48人が死亡していたことが22日、分かった。

 小型ガス湯沸かし器の事故では、すでに公表しているリンナイなどを件数、死者数で大きく上回っている。日本ガス石油機器工業会が19日に加盟各メーカーのガス機器による事故データを開示した際にも「製品に起因するものではないと判断」(松下広報グループ)したため公表しなかった。ガス機器業界の対応の甘さがあらためて問われそうだ。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/68-dbb92928
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。