上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 地方自治体による競輪・オートレース事業の売り上げ減少に歯止めをかけようと、経済産業省は、学生でも20歳以上なら車券を買えるようにする方針を決めた。現行法は未成年と学生・生徒の車券購入を禁止しているが、競馬では05年から学生でも馬券を買えるようになっており、足並みをそろえる。

 同省が22日の自民党経済産業部会に自転車競技法と小型自動車競走法の改正案を示し、了承された。3月上旬に閣議決定し、今国会での成立・施行をめざす。

 このほか改正案では、競輪・オートレース場の入場料の徴収を義務づけている規定を廃止したり、同じ日の複数のレースの勝者の組み合わせを当てる「重勝式」を新設したりする制度見直しも盛り込んだ。

 競輪・オートレース事業の05年度の売上高は、それぞれ8775億円と1130億円。ピークの91年度から半分以下になっており、経産省は今回の改正で集客を増やしたいとしている。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/59-b9bc918f
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。