上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 19日午前1時5分ごろ、熊本市南千反畑町のマンション駐車場で、同市に拠点を置く暴力団「忠真会」の中村文治会長(55)が銃撃され、数発が下腹部と左ほおに当たるなどして重傷を負った。現場近くでは、2人組の男が走り去る姿が目撃されており、熊本県警は殺人未遂事件として調べている。同会は、18日に福岡市でトップが射殺された指定暴力団・道仁会と反目している九州誠道会系の下部組織。福岡、熊本両県警は両組織間の抗争が本格化してきた可能性が強いとみて警戒を強めている。

 調べでは、逃走した2人の男はいずれも20代とみられる。1人は身長約180センチで髪を後ろで束ね、白いTシャツ姿。もう1人は身長約175センチで短髪、上下とも黒い服を着ていたという。周辺からは複数の銃弾の破片が見つかった。中村会長は防弾チョッキを身につけていたという。

 現場は、県警熊本北署から北東に約200メートル離れた民家やマンションが立ち並ぶ住宅街。署員が周囲の巡回を続けている。

 忠真会は、九州最大規模の暴力団・道仁会を離脱した組などが昨年7月に結成した九州誠道会に所属。道仁会からの離脱と前後して両組織の抗争とみられる事件が相次ぎ、中村会長は昨年7月に熊本県合志市内で一度銃撃されている。

 一方、福岡市では18日夕、道仁会トップの松尾義久会長(56)が路上で頭などを銃撃されて死亡した。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/468-96c11ea4
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。