上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ペットボトルにドライアイスと水を入れて遊んでいた子どもらが、破裂したペットボトルの破片でけがをする事故が相次いでいると、国民生活センターが15日発表した。

 ドライアイスは二酸化炭素を固形化したもの。特に水とあわせると急激に気体化する。密閉容器内では気体が充満し、容器が破裂する。

 同センターによると、この原理を利用してわざと破裂させたり、水に溶かして炭酸水を作ったりしていて事故になる例が多い。今月5日には大阪府東大阪市で、中学生がドライアイスと水を入れたペットボトルを公園の砂場に埋めて破裂させる遊びをし、破裂しなかった1本を放置。直後に小学3年男児が、砂場を掘り起こしていて破裂し、両腕や胸に約20針縫う大けがをした。

 04年には、ペットボトルのジュースにドライアイスを入れて炭酸飲料を作ろうとした女児が、飛び出したキャップで目を強打し、失明する事故があったという。

 99年には小学生向け雑誌で炭酸水づくりの実験として紹介され、試そうとした男児がけがをした。東京消防庁のまとめでは昨年末までの2年半で5件の事故があり、9人がけがを負っている。

 破裂事故は、昭和30年代からあり、ガラス瓶の破裂で死亡した事故もあった。「ペットボトルの普及で危険意識が薄れた恐れがある」と、同センターは注意を呼びかけている。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/465-9a5c3c34
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。