上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 エキスポランドのジェットコースター「風神雷神II」の事故を受けて吹田市は8日、エキスポランド社から風神雷神IIの検査報告書が提出されても運行再開を認めない方針を固めた。事実上、風神雷神IIは廃止される。また、他の遊戯施設についても、これまで同社独自で行ってきた検査方法では再開を認めず、第三者機関の審査を課す。同社は「6月1日をめどに営業再開したい」としているが、検査結果によってはさらに先になる可能性もある。

 吹田市都市整備部によると、風神雷神IIについては今後、エキスポ側が検査報告書を提出しても受け付けない。エキスポ側も、運行再開の要請を出す考えはないとみられ、風神雷神IIが再開する可能性はなくなった。

 また、他のジェットコースターを含む28の遊戯施設については、これまで検査報告書の内容を信用して受理してきたが、今後は第三者機関の審査を課す方針。

 まず、市の昇降機検査資格を持つ職員の立ち会いで事情聴取を行った上で、提出された報告書をもとに、市側も第三者機関に検査内容の再確認を依頼、2重のチェックを経てから運行許可を出すという。

 市ではすでに、営業再開までに施設を再点検をして市に報告するよう同社に求めているが、こうした手順を踏むことで、営業再開には相当の時間がかかると予想される。明確な安全性が確認されるまで、市は再開許可を出すことはできないとしている。

 ジェットコースターなどの遊戯施設は建築基準法上、都道府県や市などの特定行政庁の建築確認が必要な工作物とされている。特定行政庁は同法に基づき、施設側から定期的に検査報告を受けるが、安全性が確認できない場合など、必要に応じて使用禁止や除去などの使用制限ができると定められている。大阪府内では吹田市をはじめ17市が特定行政庁とされ、今回のケースでは同市が判断できるという。

 吹田市の阪口善雄市長は「何カ月かかろうと十分な安全が確保されるまで営業再開を認めない」と話している。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/450-50c4ba75
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。