上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 全日空によると、事故機の機長は同社の子会社「エアーセントラル」(愛知県常滑市)の所属。96年に副操縦士となり、03年から機長を務めている。総飛行時間は約8000時間。うち約900時間がボンバルディア機だった。

 「教科書通りで理想的な着陸」。胴体着陸をテレビの生中継で見ていた現職パイロットは、こう評価した。

 着陸時に最も怖いのは、機体から火が出ることだという。「上空を約2時間にわたって旋回し、燃料を減らしたのは適切な対応だった」。胴体着陸では、機首が滑走路に接触する衝撃を減らすため、後輪が接地した後も機体をできるだけ水平に保ち、速度を落としていく技術が欠かせない。「滑走路を行き過ぎることなく、スムーズに機首を接地させた」と機長の腕を認める。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/447-746ed5c6
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。