上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Jリーグが、プロ契約の最上位となるA契約選手に最低基本報酬の制度を導入、年間480万円とすることを検討している。選手協会の要望にこたえ、08年度から導入される見通しだ。Jリーグが、各クラブの経営が安定してきたと判断したことが背景にある。

 プロ契約には出場時間などに応じてA、B、Cのランクがある。A契約を初めて結ぶ場合は基本報酬が700万円以下で2年目からは制限がなくなるが、最低報酬については規定がない。B、Cについても最低額の規定はない。

 現在の契約制度は、クラブ経営を圧迫しないように99年に導入された。新人はC契約からスタートし、A契約を結ぶ場合はJ1で450分以上出場などの条件がある。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/44-dabed35e
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。