上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 農林水産省は13日、宇部市中央卸売市場(山口県宇部市)で取引している卸売業者、宇部大同青果(同)が実際の取引金額よりも多く仲卸業者に代金請求するなど不正な決済をしていたと発表した。

 同省や同市場によると、宇部大同青果は05年4月~06年8月の取引のうち仲卸業者に対して計約1400万円(約1400件)水増しして代金請求していた。同市場は市条例違反の疑いがあるとして調査しており、同社の処分を検討している。同社は仲卸業者や青果物の出荷元などに謝罪しているという。

 同省は同市場を含む全国84カ所の中央卸売市場に対して、卸売業者への監督を強化し、不正請求がないかなどを調べたうえで5月末までに報告するよう通知した。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/428-6a6d206c
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。