上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 大人の組織から採取したわずか1個の幹細胞を使って角膜や結膜の組織を再生させることに、東京大の角膜組織再生医療寄付講座の山上聡・客員助教授らが成功した。これまで角膜上皮のような組織で幹細胞を1個だけ取り出す手法は確立していなかった。今後、安全性の確認などをして臨床応用を目指す。13日、横浜市で開かれる日本再生医療学会で発表する。

 山上さんらは、幹細胞があるとみられる角膜輪部(黒目の縁)から採取した組織を、酵素で細胞1個単位にばらばらにして培養した。すると、幹細胞だけが培養皿の底に付着し、1週間後には細胞の集合体を形成。3週間後には直径2センチほどの角膜上皮に育てることができた。

 培養には、ウシ血清やマウス繊維芽細胞などを使う一般的な手法は使わず、人工的な化合物を使う手法を用いた。このため動物に由来する感染症のリスクも抑えられた。

 山上さんらは白目の部分にある結膜も、同じ手法で再生に成功した。また、食道上皮や口腔(こうくう)粘膜の再生にも同じ手法が使えることを確認。幅広い組織の再生に役立てられる可能性があるという。

 角膜上皮が傷害をうける原因には、薬品による化学熱傷や、口や目の中に水疱(すいほう)ができて命にかかわるスティーブンス・ジョンソン症候群などがある。今回開発した技術の臨床応用が実現すれば、数千人の患者が対象になると考えられる。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/427-f879e8db
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。