上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 福島県警本宮署は12日、同級生の飲み物に薬物を入れたなどとして、傷害と脅迫の疑いで同県二本松市に住む県立高校1年の女子生徒(16)を逮捕した。また、同容疑で同じクラスの別の女子生徒2人を同日までに、任意で事情聴取。同級生は気分が悪くなり病院で診察を受けたが、すぐに回復したという。

 調べでは、3人は共謀し昨年5月30日午前9時ごろ教室内で、女子同級生(16)が買ったペットボトル飲料に薬物を混入した疑い。6月15日には同級生の靴箱に「死ねばいいのに。今度は毒を入れてやる」などと書いたメモ用紙を入れ脅した疑い。

 ペットボトルからは、漂白剤などに使う塩素系化学物質を検出。病院から通報を受け同署が捜査していたが、女子生徒が任意の事情聴取に応じなかったため逮捕。ほかの2人は事情聴取に「仲間内でトラブルになり、懲らしめてやろうと思った」と話している。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/410-72ba887c
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。