上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 羽田空港に4本目の滑走路(D滑走路)を新設する再拡張事業で、国土交通省と個別に補償交渉を続けてきた千葉県側24漁協を代表する県漁業協同組合連合会(県漁連)は12日、月内着工とする同省の方針に同意した、と表明した。ただいくつかの漁協の同意が得られていないことから、同県の堂本暁子知事はこの日午後、国交省を訪れ、引き続き交渉を続けるように要請する方針。

 県漁連の浅見英雄専務理事は「同意がそろわず、苦渋の選択。国交省は誠意をもって交渉を続けてほしい」と述べた。

 県漁連は昨年10月、国交省との間で関係する24漁協と補償交渉に入ることに同意し、個別に話し合いを続けてきた。同県も昨年12月、国交省に冬柴国交相を訪ね、県漁連の同意を得てから着工することなどを申し入れていた。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/406-d54a0e56
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。