上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 プロ野球・西武ライオンズが選手獲得に絡み、「栄養費」名目で2人のアマチュア選手に計約1300万円を渡した問題で、グループトップの後藤高志・西武ホールディングス社長は11日、近く、球団内に第三者で作る調査委員会を設置することを明らかにした。

 西武は12日に太田秀和球団社長、連盟担当の依田龍也・管理本部長がパ・リーグ連盟とコミッショナー事務局に出向き、調査報告書を提出するが、その後、コンプライアンス(法令遵守)の専門家など第三者で作る調査委を設置し、さらに不祥事の原因を徹底解明する。

 後藤社長は「原因を究明し、再発防止体制を作りたい。外部の専門家に入ってもらい、コンプライアンスの徹底浸透できる組織を立ち上げたい」と語った。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/397-576bfcc5
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。