上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 プロ野球西武ライオンズのアマチュア選手2人に対する計1300万円近くの金銭供与が判明してから一夜明けた10日、金銭を受け取っていた選手の所属する東京ガスが記者会見を開き、当該選手が木村雄太投手(21)であることを明らかにした。また、早稲田大学でも対応に追われた。

 東京都大田区にある東京ガスの施設内で開かれた会見では、田中伸樹監督らのほか木村投手も同席。木村投手は「いけないことと分かっていたが、実家の家計も苦しく少しでも足しになればと思った」などと語った。また、東ガスは西武からの金銭提供は高校3年当時の04年1月から始まったことを明かした。

 東ガスの蛭間泰弘・野球部長は「西武からお金を受け取っていたことを知り04年6月に西武球団に供与の停止を厳重に申し入れたが、その後も9月まで金銭の供与があったようだ」と話し、一場問題が発覚した1カ月後にも西武側から現金の提供があったことを示唆した。

 東ガスによると月ごとに30万円ずつ、木村投手本人にではなく母親の口座か母親本人に直接、現金が渡されたという。東ガスでは木村投手を当面、謹慎処分にする。

 早稲田大野球部の応武篤良監督は10日朝、キャンプ先である沖縄県浦添市の市民球場で十数人の記者団に囲まれ、西武の裏金問題について、「事実関係を全く知らない。答えようがない」などと述べた。さらに、「報道が事実だとすれば」という前提で、西武球団への批判などを約30分間にわたって語った。早大広報部では、「プロ野球コミッショナーなり(野球部の所属する)東京六大学野球連盟から指摘を受けた段階で、学内に調査委員会を設けて事実関係を調べたい」としている。

 一方の西武は太田秀和球団社長が、報道陣から進退について問われると「自分としてはやりたい気持ちが強いが、コミッショナーの裁定を待ちます」と話した。同社長は、12日にコミッショナーとパ・リーグに報告書を提出するとして、木村投手の会見などを受けた質問には一切応じなかった。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/372-4c76c3de
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。