上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 オウム真理教(アーレフに改称)の代表を務めた上祐史浩氏(44)は8日、都内の教団施設で記者会見し、7日付で教団代表を正式に辞任し脱会したことを明らかにした=写真。4~5月をめどに新団体を設立する。

 上祐氏は「教団がどうにも1つにまとまらない状況」で脱会に至ったと説明。男女65人が同時に脱会した。教団には出家信者約400人、在家信者約690人が在籍するが、新団体への参加は200人規模という。

 麻原彰晃死刑囚(52)=本名・松本智津夫=については「新団体では何の位置づけも与えない」「死刑執行の最後まで真摯な反省を求める」などと、麻原信仰からの脱却を再三強調した。

 教団は「上祐派」のほか、麻原死刑囚に帰依する荒木浩広報部長(38)中心の「反上祐派(A派)」、教団新代表に内定した野田成人幹部(40)中心の「中間派」に3分裂していた。


◆公安調査庁
 「上祐派の今後の活動について、引き続き観察処分の厳正な実施を通じ、その活動実態の解明に努めていく」

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/333-4660cfa1
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。