上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 1等のジャックポット(大当たり)がなかなか出ず、賞金が過去最高の3億9000万ドル(約450億円)まで膨らんでいた米国の宝くじ「メガミリオンズ」の運営組織は7日(日本時間8日)、6日の抽せんで2枚の当せん券が出たと発表、1枚はジョージア州に住むトラック運転手の男性(52)の当せん券と分かった。

 今回は当せん券が2枚出たため賞金は二分される。一括受け取りを希望したこの男性が、税金などを差し引かれて実際に受け取る額は8000万ドル(約92億円)余り。もう1枚の当たり券はニュージャージー州の酒店で売られたが、当せんの申し出はない。

 メガミリオンズは週2回、抽せんが行われ、6つの数字をすべて当てるジャックポットの確率は約1億7500万回に1回。1200万ドルからスタートし、当せん券が出るまで賞金を繰り越しながら続ける。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/332-24183aea
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。