上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 6日のマーリンズ戦に登板した米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔投手について、ボストン各紙は7日、熱のこもった記事を掲載した。

 ボストン・グローブ紙は「初物づくしのシーズンだが、初失点はまだまだ」と3回無失点の投球を評価した。また、レッドソックスのバスが道を間違えて到着が遅れたものの、松坂は監督の勧めで前夜に現地入りして登板に備えていたことも取り上げた。

 ボストン・ヘラルド紙は「ジャイロボールがデビュー」と見出しをとった。マーリンズの4番打者ストークスの「チェンジアップとフォークボールの中間のような球で、横回転がかかっていた」という発言を紹介。レッドソックスのファレル投手コーチの「あれはチェンジアップ」という談話を載せ、幻の怪獣ネッシー、伝説の野人ビッグフットとされる写真と、松坂の写真を並べて掲載。「松坂がその存在を否定したことはない。なぜならジャイロボールを投げると思わせることは損にはならないからだ」と締めくくった。(共同)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/323-2eb087e6
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。