上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日本大学のサッカー部員やラグビー部員ら61人が不正に入手した通学定期券で京王線やJR線を常習的に乗車していた問題で、日大側が両社から請求されていた不正乗車による割り増し罰則金642万円を納付していたことが20日、分かった。また、日大は不正に関与した61人全員を学則に基づき処分した。

 この問題は平成18年8月、京王井の頭線・渋谷駅で、駅員が改札を強引に通過しようとしたサッカー部員を取り押さえたところ、他人名義を含む複数の通学定期券を持っていたことから不正が発覚した。

 不正乗車による割り増し請求額は、京王線が464万円、JR線が178万円で計642万円。サッカー、ラグビー両部員らは20日までに両社に全額を納付。両部は18年度中の公式試合出場を辞退。両部員の処分内容は明らかにしていない。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/31-3a3d48ac
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。