上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔投手がマーリンズ戦に先発した6日、ロジャーディーン・スタジアムは、敵地にもかかわらず松坂人気にわいた。

 “魔球”ジャイロボールを操ると米国内で報じられる「1億ドル右腕」。話題の投手が初めて大リーガー相手に投げるとあって、指定席は完売。球場側は制限いっぱいの1500の立ち見券を用意したがこれも売り切れた。球場は超満員の8044人で膨れあがり、チケット販売者は「これだけ入ったのは10年間でもまれ」と目を丸くした。

 球場は1球ごとに歓声が上がり、降板後にブルペンに向かう松坂投手に立ち上がった観衆から大きな拍手が送られた。ショップでは松坂関連のTシャツ300枚を緊急入荷。相手チームのルーキー選手のグッズを販売すること事態異例だが、試合前から飛ぶようにさばけた。

 ボストンから来た女性の2人組は、「MATSUZAKA」の名前に背番号を組み込んだ自家製法被で応援。「投球を実際に見てますます好きになった。この法被を着てボストンでも応援する」と興奮気味だった。(共同)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/301-b852c96b
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。