上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 前宮城県知事の浅野史郎氏(59)は6日夕、東京都庁で会見し「石原都政はもうたくさん」と都知事選出馬を正式表明した。政党の支持なしでの出馬を明言していたが「支援は受け入れる」と強調。夜には浅野氏支援を決めた民主党の都議会幹部らと協議した。しかし民主都議らの表情は複雑。民主は独自候補擁立をめぐる都連と党本部とのねじれを内包したまま、首都決戦に突入した。





 報道陣ら約200人が集まり、テレビカメラ約20台が浅野史郎氏へ向けられた注目の出馬会見。カメラマンから笑顔を注文され、ニコニコと応じたが、直後の決意表明の冒頭でいきなり石原慎太郎都知事に“挑戦状”を叩きつけた。

 出馬決意の最大要因として、浅野氏は「東京だけでなく全国各地の人から寄せられた『石原都政はもうたくさん』という悲鳴にも似た声です」と挙げ、「社会的弱者に対する差別発言、都政の私物化、公私混同、側近政治、恐怖政治のような教育現場」と呪文のごとく羅列。「石原都政にストップをかけなければ東京や都民、日本の政治にとって取り返しがつかなくなる」と力強く語った。

 こうした状況が「私のハートに火をつけたんです」と3回も繰り返して説明。石原氏に対し「もういいでしょう、もうやめましょう、害が多すぎる」とこき下ろす一方で自身には「勝算なくて出る人はいない。当然勝ちます。都民の良識に期待しています」「自分で言うのもなんだが、(都知事が)適任でないこともない」と自信をみせた。

 知事選には共産党推薦の元東京都足立区長、吉田万三氏(59)、建築家、黒川紀章氏(72)がすでに立候補を表明しており、首都決戦の立候補者がほぼ出そろった。夏の参院選に向け、与野党対決の“代理戦争”の火ぶたが切って落とされた。


★支援決めた民主にくすぶる分裂の炎

 これまで浅野氏は、政党の支持や推薦を受けず出馬する意向を示してきた。しかし会見では「推薦は受けない」と前置きした上で「支援は受けたい」。さらに「選挙に出るからには、支援はあった方がいい」と方向転換した。

 この日夜には、民主党東京都連に出向き、都議民主党の田中良幹事長(46)らに支援を求めた。会談後、浅野氏は「選挙は好き。ワクワクしている」。7日には民主党本部を訪れる。

 民主党は同日昼、役員会で浅野氏支援を最終的に確認。同党は2月中旬、浅野氏に出馬を要請し辞退されたが、菅直人代表代行(60)は「都連は5日、小沢代表に(党が)一体として浅野さんを応援しようと伝えた」と経過を報告。鳩山由紀夫幹事長(60)も党全体での取り組みを要請し、出席者からも異論はでなかった。

 しかし都連の内情は、菅氏の認識とは大きく食い違う。都議の1人は、民主党の“看板”はいらないとする一方で実質的な支援はほしいとする浅野氏の姿勢を「ただの偽装」と切り捨てる。

 都知事選の候補者選考に絡み、民主党はこれまで、キャスターの筑紫哲也氏(71)や同党の小宮山洋子衆院議員(58)らを擁立しようとしたが失敗。2月28日の政治資金パーティーで都連の田中氏は「都連としては、党内で堂々と立ち上がる人がいれば、みんなで応援してもり立てる」となお独自候補にこだわっていた。

 都連側が複雑な表情を隠せないのは、4年前の「悪夢」もあるからだ。平成15年の前回選で、民主党は評論家の樋口恵子氏(74)を支持したが、一部都議が石原慎太郎氏(74)支持を宣言し分裂。石原氏は308万票を超える圧勝を収め、樋口氏は81万票余りの惨敗に終わった。

 都議会民主党は18年度都予算案に賛成するなど「石原都政に必ずしも反対してこなかった」(鳩山氏)のが実態。今回も石原氏を支持する都議の“面従腹背”が続出する可能性もある。

 前宮城県知事の浅野史郎氏(59)は6日夕、東京都庁で会見し「石原都政はもうたくさん」と都知事選出馬を正式表明した。政党の支持なしでの出馬を明言していたが「支援は受け入れる」と強調。夜には浅野氏支援を決めた民主党の都議会幹部らと協議した。しかし民主都議らの表情は複雑。民主は独自候補擁立をめぐる都連と党本部とのねじれを内包したまま、首都決戦に突入した。


★浅野氏、五輪招致見直す

 会見にはマニフェストは間に合わなかったが、浅野氏は「透明性のある、風通しの良い都政にする」と述べ、情報公開の徹底、高齢者福祉の拡充、震災対策などの公約を発表した。また緊急提言として、「石原都政のゆがみを正す」と題して高額給与の特別秘書の廃止と交際費の抜本的見直し、新銀行東京など「思いつき施策」のチェックなどを掲げた。

 石原氏が進める2016年の五輪招致計画については「今決めることはしないが、少し止まって基本に立ち返り、やる意味を考える」と見直す考えを示した。今後は都民らから意見を募り、マニフェストを発表する。


★石原氏「東京っ子向きじゃない」

 浅野氏がようやく正式に出馬を表明したことについて、石原都知事は「(都知事選に)出るって言ったり、出ないって言ったり…」と皮肉をチクリ。記者団の質問に答えたもので、浅野氏が発表した「政策の骨子」をめぐっては「見たけど、抽象的で分からない。具体的でない。江戸っ子向きじゃない」と述べ、「東京っ子向きじゃない」と改めて言い直した。また、会見で「都政私物化」と批判された点について「何をもって私物化なのかね」と切り返し、「(浅野氏は)だいたいが抽象的。お互いにがんばりましょう」と最後は余裕をみせた。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/289-058ee77b
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。