上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 大阪や東京など5都府県で放火や少女に対する強姦(ごうかん)などを繰り返したとして、現住建造物等放火や強姦致傷などの罪に問われ、大阪地裁が求刑通り無期懲役を言い渡した無職尾上力被告(38)について、大阪地検と被告側双方は5日の控訴期限までに控訴せず、判決が確定した。

 判決によると、尾上被告は98~03年、大阪、京都、兵庫、岡山、東京の5都府県で、当時7~13歳の少女に対する強姦致傷・未遂15件と、住宅などへの放火13件を起こすなどした。尾上被告の放火によって5人が死亡したほか、同被告は「放火約200件、強姦約40件、強制わいせつ約200件を起こした」と供述していた。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/288-00a275fe
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。