上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 電動自転車で市街地を回り、無施錠の住居を見つけては侵入し盗みを働いたとして、兵庫県警は5日までに、神戸市の無職男(45)を窃盗容疑で逮捕した。被害は約6年間で現金など計約3000万円相当。電動自転車は「体力的に辛くなり、楽なので買った」という。





 坂道の多い神戸市で、スイスイと電動自転車でドロボーを繰り返していたのは、同市市西区の無職、山本義隆容疑者。

 兵庫県警捜査3課の調べに、平成12年1月から昨年9月にかけて、神戸市などで無施錠の住居など211カ所に侵入し、現金約2900万円と商品券など計約3000万円相当を盗んだことを認めているという。盗んだ金は生活費やパチンコなどに使っていた。

 深夜や早朝に自転車で、無施錠の住宅などを見つけて侵入する手口だが、17年5月ごろに自転車が盗まれ、約7万円で電動自転車を購入、犯行を続行。昨年9月27日午前3時ごろ、明石市内の会社員男性宅(41)に侵入。現金約2万3000円や商品券など計約3万1000円を盗んだ疑いが持たれている。

 “御用”のきっかけは、この男性宅近くを警ら中の明石署員が同容疑者の電動自転車を発見。かごのバッグからスパナなどの工具類がのぞいていたことなどを不審に思った同署員が、電動自転車を同署に持ち帰ったことから。自転車は「防犯登録」されており、同容疑者の所有が判明。一仕事を終え、電動自転車がないことに気付いた同容疑者は「自転車が盗まれた」と同日中に同署へ。そこで同署員に事情を聴かれ、悪事を認めた。

 同容疑者は「自転車をこぐのが辛くなり、楽ができると思った」などと供述。防犯登録について同署は「自転車を盗まれたことが相当悔しかったようだ」と説明した。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/271-a78f095b
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。