上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 政府は5日の事務次官会議で、勝馬投票券(馬券)の売り上げのうち、75%と定められている払戻金の上乗せを拡大できることを柱にした競馬法と日本中央競馬会法の改正案を決めた。6日の閣議で正式決定する。払戻金を増やし、ファンへの利益還元を図ることで売り上げアップを狙う。

 現行では既に平成17年の法改正で単勝、複勝に限定して、売り上げの80%を払戻金に充てられるようになっている。

 日本の競馬の控除率(25%)は世界的にも高いと評判。馬券熱が世界一高いと評判の香港は19%程度で、米国では州によって異なるが、20%を割る州が多い。

 今後、どの馬券にどの程度上乗せするかの上限は、農水省が決める。

 また、日本中央競馬会法改正案には、日本中央競馬会に、農相がメンバーを任命する経営委員会を新設するとした機構改革案が盛り込まれた。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/270-4962a4b2
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。