上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「ご主人さま、お帰りなさいませ、ボンソワール」。パリの目抜き通りシャンゼリゼの近くにあるレストラン内に2日、東京・秋葉原発祥とされるメイド喫茶が臨時開店し、フランス人客は当惑気味だった。

 レストランのアトラクションの1つ。お笑いパフォーマーとして夫とともにフランスで活動中のロマネスク宮前さん(30)=本名・宮前寛子さん=ら日本人女性7人が、メイドの装いで飲み物などを給仕した。

 フランス人客は物珍しそうに見ていたが、言葉の問題もあり、「癒やし」の気分を得るのは難しい様子。フランス人ジャーナリストの男性(31)は「日本に何度か行ったことがありメイド喫茶は知っていたが、見るのは初めて。パリでも流行する可能性はある」と笑顔で話した。

 宮前さんらは今後、6月までパリ各地に出向き、メイド喫茶を臨時開店させる予定だ。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/235-2f87d084
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。