上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 埼玉県越谷市砂原の越谷市資源化センターで、市内から回収し破砕した不燃ごみの中から、1万円札の断片とみられる紙片300枚以上が見つかっていたことが2日、分かった。越谷署は真券とみて鑑定するとともに、拾得物として持ち主を捜している。

 調べでは、1日午後1時ごろ、不燃ごみを機械で破砕、可燃ごみをより分けている際に職員が1万円札の断片らしいものを発見、同署に届けた。

 市によると、断片は札の3分の1程度の大きさのものが多く、145枚が札の左側、164枚が右側とみられる。そのほかに細かい断片も多数あった。切れていない札はなかった。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/214-d2d06add
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。