上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2日夜(日本時間3日朝)、オープン戦初登板を果たすレッドソックスの松坂がテーマに掲げているのは、大リーグのストライクゾーンの確認だ。

 「去年までは、どれだけ自分が仕上がっているかを確認すればよかったが、今年はストライクゾーンを確かめたい」

 一般的に、日本と比べて大リーグのストライクゾーンは広いと言われている。しかし、キャンプ中の投球練習では、日本のように審判が立ってコールしないため、正確な「ゾーン」を見極める機会はなかった。フリー打撃ではコーナーに投げ分けて、探ってきた。

 2月28日、エースのシリングが投げた試合をベンチから観戦。その時の感想を聞かれると、「サイドよりも、高めのストライクをよく取るなあ、と思った。これから実戦で確認していきたい」。

 「打者は意識しない。打たれるかもしれません」と本人は調整登板を強調するが、120億円右腕のデビュー戦。大学生相手とはいえ、日本のテレビ局が生中継を予定している。シリングも言う。「僕だけじゃなく、レッドソックスの熱狂的なファンが、彼が投げるのを楽しみにしている」



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/203-a6bc619c
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。