上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 3日に公開される映画「蒼き狼」(澤井信一郎監督)をめぐり、「製作権を侵害された」として、出版社取締役の難波多津子さん(63)が28日、製作委員会に加わった角川春樹事務所に1億5千万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

 訴状などによると、難波さんは01年、当時の駐日モンゴル大使から、チンギス・ハーンを描いた映画製作を依頼され、準備を進めていたが、資金不足のため、05年に同事務所特別顧問の角川春樹さんに協力を要請。モンゴル人スタッフの起用、難波さんら準備委員会への補償を条件とすることを口頭で伝えたが、守られなかったと訴えている。

 同事務所では「訴状を見ていないので、答えられない」と話している。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/198-e780cc07
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。