上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 北京五輪出場を目指すサッカー男子の22歳以下(U22)日本代表は28日夜、東京・国立競技場でアジア2次予選の第1戦、香港と対戦した。日本は前半11分、FW平山が先制ゴール。後半にもMF梶山、増田が決め、3―0で初戦を飾った。

 日本は21日のU22米国戦と同じく平山、カレン、李の3トップで臨んだ。前半早々、ロングパスを受けた平山が中央から念願のゴールを叩き込んだ。さらに後半21分には、MF水野がねばって出したクロスを梶山が中央付近からゴールに突き刺した。38分にも増田が3点目を入れた。

 日本の2次予選の相手は香港のほか、シリア、マレーシア。4チームがホーム・アンド・アウエー方式で対戦し、上位2チームが最終予選に進む。8月から11月まで行われる最終予選は12チームが3組に分かれて戦い、各組の1位が出場権を獲得する。

 日本の次の試合は3月14日、マレーシアとのアウエー戦。

 日本の出場メンバーは以下の通り。

 FW 平山(FC東京)、カレン(磐田)→増田(鹿島)、李(柏)→家長(ガ大阪)▽MF 本田圭(名古屋)、水野(千葉)、青山敏(広島)→上田(磐田)、梶山(FC東京)▽DF 水本(千葉)、伊野波(FC東京)、青山直(清水)▽GK 松井(磐田)

    ◇

 日本協会に入った連絡によると、28日にシリアで行われた北京五輪2次予選B組のもう1試合は、シリアがマレーシアを3―1で下した。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/170-aafc1b2b
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。