上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 大阪市旭区の淀川で同市東淀川区のとび職江口時斗(ときと)さん(16)が殺害された事件で、大阪府警は28日未明、大阪市城東区の会社員の少年(16)と同市鶴見区のとび職の少年(16)を死体遺棄容疑で逮捕した。会社員の少年は中学2年の女子生徒(14)との交際をめぐって江口さんとトラブルになっていたといい、「キレて2人でボコボコにした」と殺害を認める供述をしているという。府警は、凶器の木刀を事前に準備していることなどから、計画的に制裁を加えたとみて殺人容疑でも2人を調べる方針。

 会社員の少年は26日の府警の任意の調べに「知らない」と話した後、所在不明になっていたが、28日未明に出頭。調べに「江口さんを殴るつもりで自宅の木刀を持って行った」と供述した。

 捜査1課の調べでは、会社員の少年ら2人は23日午後11時ごろ、江口さんを電話で淀川河川公園に呼び出し、翌24日未明に江口さんの遺体をワイヤでバイクにつないで川の中に捨てた疑い。

 2人は江口さんを殴るのに使った木刀や江口さんの携帯電話などを大阪・奈良府県境付近の山中に捨てたといい、供述通り、江口さんの携帯電話が見つかった。

 調べによると、会社員の少年は、とび職の少年や女子生徒を含む仲間4人を呼び集め、計5人で車に乗って淀川河川公園へ向かったという。残る2人は会社員の少年の先輩だといい、府警は事件への関与について調べる。

 一方、とび職の少年は死体遺棄容疑を認めているが、会社員の少年が江口さんを正座させて木刀で殴って殺害したと供述。女子生徒は「(逮捕された)2人が江口さんを暴行していた」と話しているという。

 同課によると、会社員の少年は女子生徒と交際していたが、女子生徒は今月中旬、江口さんが開設したホームページを通じて江口さんとメールで連絡を取るようになり、親しくなったという。

 会社員の少年は23日夜、高校在学時の同級生宅にいた江口さんの携帯電話に何度も電話をかけてきたという。江口さんは「また帰ってくるから」と言い残して出かけたまま連絡が取れなくなった。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/161-32d2cc67
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。