上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 高校の寮の風呂場で同級生に熱湯をかけて大やけどを負わせたなどとして、兵庫県警美方署は27日、同県香美町の県立香住高校1年の男子生徒4人(いずれも16)を傷害容疑で逮捕した。2人は容疑を認めているが、1人は一部否認し、残る1人は「覚えがない」と否認しているという。同校によると、被害生徒は繰り返しいじめを受けていた可能性があるという。

 調べによると、4人は昨年12月12日午後7時45分ごろから午後8時半にかけ、香美町香住区一日市(ひといち)にある同高校生徒寮の風呂場で、同級生の男子生徒(15)に風呂おけで熱湯をかけたりなぐったりし、背中に全治6カ月のやけどを負わせた疑い。加害生徒、被害生徒はともに、寮生活をしていた。

 数日後に加害生徒の1人が寮の担当教師に「やけどをした生徒がいる」と報告し、けがをしていることがわかった。今年1月下旬、被害生徒と保護者が同署に被害届を出した。被害生徒は「学校に行きたくない」と、今年は登校せず、県内の自宅に戻っているという。

 寮では、同校の1~3年生の生徒約20人が共同生活を送っており、教職員2人が交代で泊まり込んでいる。樋口忠幸校長は27日、同校で記者会見し、「生徒のいじめに気付かなかった。申し訳ない」と謝罪した。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/153-5ce00322
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。