上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 飼い犬の死体を公園で燃やしたとして、神奈川県警金沢署は27日、いずれも東京都武蔵野市の保険外交員の女性(51)と、清掃アルバイトの女性(63)を廃棄物処理法違反(焼却の禁止)の疑いで逮捕した。

 調べでは2人は、27日午前0時40分ごろ、横浜市金沢区釜利谷町の市民公園「釜利谷市民の森」で、飼っていた犬の死体にガソリンで火をつけて燃やした疑い。公園にいた人から通報を受けた同署員が駆けつけて現行犯逮捕した。「犬と一緒に遊んだ思い出の場所で燃やそうと思った」と話しているという。

 金沢署によると、犬は保険外交員の女性が飼っており、この女性が住むアパートの大家である清掃アルバイトの女性もかわいがっていた。

 以前、同公園近くの知人の畑で犬と遊んだことがあり、その場所で犬の死体を燃やそうとしたが、重さが約30キロもあり、2人では運びきれずに公園の土手で燃やした。畑は丘の上にあり、ふもとまでは保険外交員の女性の車で来たという。グレイハウンドの雄で5歳だった。

 ペットなど動物の死体は、各自治体や民間業者が有料で引き取り処分しているが、2人は「お金がかかると思い、自分たちで処分した」とも話しているという。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/142-871d9940
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。