上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 レッドソックスの松坂は、「魔球」を投げるらしい――そんな話が米メディアに乗って流れている。「ジャイロボール」と呼ばれる変化球だ。速度が落ちず、打者の手前で急激に変化するという。怪物右腕の投球には、熱い視線が注がれている。

 24日、松坂がフリー打撃に初登板。対戦したマイナー選手に、米メディアが殺到した。ある記者が「ジャイロボールはあった?」。選手は「う~ん、なかったと思う。本当に投げられるかどうか、今度、彼に聞いてみるよ」。

 昨秋、松坂が大リーグ挑戦を表明した後、米紙に変化球を特集する記事が掲載された。そこで、「別名ジャイロボールとも呼ばれている」と紹介された。

 実は、米メディア側は、ジャイロボールがどんな変化球なのか、はっきり分かっていない。弾丸のように螺旋(らせん)回転するため、空気抵抗が少なく球速が落ちにくく、ホームベースを横切るように真横に変化する、などと推測する記事もある。ファレル投手コーチは「そんな球を投げる投手は、今まで見たことがない。人間が投げられると思うかい? 投げたら、ミステリーだよ」。

 松坂の最大の武器は、高速スライダー。球速140キロ以上で、打者の手前で鋭く落ちていく。この変化球に尾ひれが付き「魔球説」につながったのが有力な考え方だ。ボストン・グローブ紙のゴードン・イーデスさんは「米メディアで、ジャイロボールの存在を信じている人間はいない。松坂フィーバーを楽しむ上で、魔球を取り上げているのかもしれない」と笑いながら語った。

 これまで記者会見などが開かれるたび、松坂はジャイロボールについて何度も質問を受けた。だが、含み笑いで否定も肯定もしなかった。「正直、どの球を指して言っているのか、わからない。騒ぎはそのままにしておこうと思っています。新しい変化球を持っているぞ、と相手が思えば、それも武器になりますから」

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/117-e9fb0f54
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。