上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 注目を集めた楽天・田中とロッテ大嶺のルーキー対決。両者先発して2イニングを投げ合った練習試合のプロ初登板は、田中が無失点、被安打2、三振4、大嶺が4失点、被安打5、三振2と明暗が分かれた。

 怪童ぶりを発揮したのは田中だった。1回、いきなり連続三振。西岡には得意のスライダーで、福浦には外角に直球をズバリと決め、場内からどよめきが起こった。

 2回は連打で無死一、二塁とされたが、ここからが並の新人ではない。神戸、サブローを連続三振。今江を二ゴロに打ち取り、野村監督に握手の出迎えを受けた。「緊張しなかった。テレビで見ていた人たちと目の前で対戦するのは楽しかった」と田中。野村監督も「率直によかった。打者にフルスイングさせていないからな」と褒めた。

 一方の大嶺は1回こそ2死一、二塁のピンチを直球で三振に打ち取ったが、2回につかまった。1死二塁から嶋に左越え2点本塁打。さらに高須の適時二塁打と自らのボークで2点を失った。

 「制球が悪かった。プロでは速い球でも甘かったら打たれることがわかった」。大嶺はサバサバとしていた。バレンタイン監督も「彼はいい投手だが、まだまだ学ばなければならない」。

 この日の結果で田中は先発ローテーション入りへ大きく前進し、大嶺は2軍での再教育を監督から示唆された。しかし、それは現時点でのわずかな違いに過ぎない。2人の野球人生はこれからなのだから。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ns0705.blog94.fc2.com/tb.php/116-3ac8eb9d
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。